メニュー

院長コラム

Mr.Childrenとスピッツ(2022.06.05更新)
私が一番音楽を聴いていたのは高校生のころでして、BOΦWYやBUCK-TICKなどを夢中になって聞いていました。洋楽は友人の影響でXTCというイギリスのバンドにはまって片っ端からCDを集めて聞いていた… ▼続きを読む

特定健診を実施しています。(2022.05.31更新)
心臓の病気であれば、通常は息切れや胸の痛みなどの症状が出ますし、胃の病気ならば胃の痛みといった症状が出ます。糖尿病もHbA1c 10%を超えてきますと、のどの渇き、多尿、水を多量に欲しくなるなどの症状… ▼続きを読む

BGM(2022.05.31更新)
以前勤務していた病院では、ときどき昼間に、試験放送と称して音楽を流していました。それがとてもよかったので、自分のクリニックでは、天井スピーカーをいれてBGMをかける!と決めていました。 クリニック開… ▼続きを読む

バセドウ病(2022.05.15更新)
甲状腺疾患は、バセドウ病と橋本病が2大疾患です。今回はバセドウ病についてのお話をします。 バセドウ病は全人口では500人に一人ぐらいの有病率と言われております。ただし、20代から30代の若年女性に限… ▼続きを読む

血糖自己測定について(2022.05.08更新)
インスリンを自己注射している患者様は、血糖自己測定を行うことが保険で認められております。そのため、ネット通販などで購入するよりも自己負担額が少なく、またクリニックで測定方法などの指導を受けることもでき… ▼続きを読む

知識はゼロでなければよい(2022.04.29更新)
その昔、私がまだ20代のころ、講道館図書館に村田先生という方がいらっしゃいました。この先生に柔道の歴史のことを教わったりしていたことがありました。 あるとき、何かの折に先生に「物事はゼロでなければい… ▼続きを読む

HbA1c (後編)(2022.04.18更新)
くすき内科クリニック院長の楠です。前回HbA1cについて導入のお話をいたしました。 前回のお話で、血液中に溶けているブドウ糖はわずか5gというお話をしました。これが、どれだけ少ないかというと、例えば… ▼続きを読む

HbA1cってなんでしょう(2022.04.16更新)
糖尿病患者さんが、診察のたびに採血して、一番気になる項目、HbA1c。ヘモグロビンエーワンシーと読みますが、これってなんでしょうか。 人間の血液が赤いのは、赤血球に含まれるヘモグロビンが赤いからです… ▼続きを読む

風邪について考えること(2022.04.09更新)
昔から、風邪は万病のもとと言われてました。特に高齢者では、風邪→肺炎となり重篤になり命に係わる場合があり、現代もこの点は何も変わっておりません。歴史上の偉人達も、風邪をこじらせて最後はなくなっている人… ▼続きを読む

柔道と柔術の思い出(2022.04.05更新)
高校、大学、社会人と柔道をやっていました。ラ・サール高校1年生で試合で2勝して黒帯を取得。以後、団体戦のレギュラーになり、試合に出続けていました。東大でも柔道部に入部し、多くの試合に出場しました。実績… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME