メニュー

院長コラム

原発性アルドステロン症には2種類ある(2022.09.23更新)
原発性アルドステロン症とは、副腎を肉まんに例えると、皮の部分、それも一番外側の、アルドステロンというホルモンを産生する部分が腫瘍や過形成を起こして、アルドステロンが過剰に分泌された状態です。アルドステ… ▼続きを読む

イメグリミン(2022.09.19更新)
2021年9月に、新しい糖尿病の飲み薬であるイメグリミン(商品名ツイミーグ)が発売され、2022年9月1日から、2週間の処方制限がなくなり、長期に処方ができるようになりました。このお薬は、ある製薬会社… ▼続きを読む

糖尿病治療のコンセンサスステートメント2022(2022.09.11更新)
先日、糖尿病学会の坊内先生らのグループにより、糖尿病学会のコンセンサスステートメントが発表されました。このステートメントでは、日本人の2型糖尿病患者では、欧米でインスリン抵抗性が主体であるのに比べて、… ▼続きを読む

インスリン治療の歴史(2022.09.08更新)
当院に通院されている糖尿病患者さんのうちインスリン自己注射を行っている方が多くいらっしゃいます。1921年に初めてインスリン注射が臨床応用されてそれまで不治の病であった1型糖尿病の多くの命が救われまし… ▼続きを読む

副腎とは?(2022.08.26更新)
副腎は、腎臓の上にちょこんとのっかっている臓器です。X線を全方面から照射し断層面を構成するCTスキャンで副腎をみますと、筆記体で書いたアルファベットのiの下の部分のような形に見えます。大きさで言います… ▼続きを読む

逆流性食道炎(2022.08.12更新)
胃の中は強い酸性になっております。胃酸には、強い殺菌作用があり、われわれがばい菌だらけの食品を食べても平気なのは、ひとつには胃酸によりほとんどが殺菌されてしまうからです。  口から入った食べ物は、食… ▼続きを読む

アルコールの依存性(2022.08.11更新)
アルコールを作って飲むという営みは、人類が誕生したころからあったと考えられます。飲酒は、日常の文化であり、コミュニケーションツールとして正しく使えば非常に有用ですが、アルコールとの付き合い方は本当に難… ▼続きを読む

レントゲン撮影でわかること(2022.08.10更新)
当院は、レントゲン装置を置いております。レントゲンからはさまざまなことが分かります。最近の糖尿病専門のクリニックでは、レントゲン装置を置いていないところもあるということですが、わたしはレントゲン装置は… ▼続きを読む

低糖質のお菓子って食べても大丈夫ですか?(2022.08.09更新)
こんにちは。管理栄養士の森田です。 先日の栄養指導で、何名かこんな質問を頂きました。 「低糖質のお菓子って食べても大丈夫なの?」という質問です。   最近、コンビニやスーパーでよく … ▼続きを読む

食べてもいい間食はありますか?(2022.08.03更新)
管理栄養士の森田です。最近は急激に暑くなり、セミの声も聞こえる季節になってきました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。 今回は、栄養相談でよく聞かれる、間食についてお話ししたいと思います。 まず、厚… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME