メニュー

清肺湯

クワ 根っこの部分が桑白皮(ソウハクヒ)

クリニックには、風邪をひいて2-3週間たったのに、依然として咳に悩まされているという方がいらっしゃいます。いろいろな処方がありますが、本日は清肺湯について説明します。

清肺湯には、16の生薬が配合されています。ツムラの漢方製剤のなかではかなり生薬数が多い方です。(一番多いのは以前紹介した防風通聖散で18味)そのなかで、咳止めの薬効をもつ生薬がなんと8つ配合されています。ツムラの漢方薬でもっとも多いと思います。

桔梗や杏仁は龍角散にも配合されていておなじみです。桑白皮(そうはくひ)は蚕の飼料としてのクワの根っこの部分が原料です。麦門冬(ばくもんどう)は以前紹介した麦門冬湯の主薬です。天門冬、貝母(ばいも)も咳止めです。五味子(ごみし)は小青竜湯にも含まれている咳止め薬で、チョウセンゴミシの実です。竹筎(チクジョ)は竹の皮です。竹筎温胆湯という別な咳止めにも含まれています。

以上8つが咳止めの薬効があります。

これに、黄芩、山梔子という炎症をとる生薬が付加されております。風邪の後炎症が続いており、咳が続いている方が良い適応になります。清肺湯は肺を清らかにする薬と書きますが、特に咳だけでなく痰もいっぱい出る慢性の気管支炎に有効な薬です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME