メニュー

特定健診を実施しています。

[2022.05.31]

心臓の病気であれば、通常は息切れや胸の痛みなどの症状が出ますし、胃の病気ならば胃の痛みといった症状が出ます。糖尿病もHbA1c 10%を超えてきますと、のどの渇き、多尿、水を多量に欲しくなるなどの症状が出ますが、HbA1c 8-9ぐらいだと症状がない場合が多いです。ご高齢の方ではさらに症状を感じにくくなります。しかし、HbA1c 7%を超えた状態が5年以上持続すると、網膜症をはじめとした合併症の発生するリスクが上がってきます。そのためには採血を実施するしか、糖尿病を発見するすべがないのです。

お勤めの方では、おおむね企業で健診を実施しておりますので、そこで糖尿病があれば引っかかってきます。ところが、自営業の方、主婦の方など、健診を受ける習慣がない方に、国民健康保険では特定検診の案内、受診券・受診票をこの時期に配布しています。当院では、特定健診を受け付けております。一度、糖尿病の専門医を受診し、自分の健康状態をチェックしてみましょう。お電話で予約をお取りできます。お待ちしております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME